スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

: - : - : - : posted by スポンサードリンク
地上にたったひとつの場所
今日は多摩川の花火があった。車で橋を通ったんだけれど、みんな花火をみているのね。そして花火みたいな顔してた。ぽわっと明るい笑った顔。見ているもので変わっていくよね、人の表情。僕も花火みて花火みたいにぽわっとした顔してたんだろうか。ところで先日人生初の点滴をしました。すごいね点滴、これからしんどい時はお世話になろうと思います。レコーディングは3日終了しました。ベーシックを録音し、歌を少し。しんどい中だったけれど、どうにかかたちになってきています。やればやるほど見えてくるのは足りないところで、進めば進む程ゴールが遠ざかって見えるような心地だけれど、腐らず前を向いています。相反するものを抱えて生きているなあと思います。今にどっこいしょと居座って、歌いたい。歌って力つきて抱きとめられるくらい叫びたい。地上にたったひとつの場所を作り出すのはとても簡単で、そこにあなたがいればいい。僕は眠いけれど、何か言葉が出てくるのを待っている。みらいは一日過ぎたら一日分近づいているはずだ。かこは一日過ぎたら一日分遠ざかっているはずだ。はずなんだ。歌っている、ひとりでレコーディングブースの中、歌っていても、そこにいない人との繋がりを感じることが出来る。そんな音楽がある。わたしとあなたの間に。わたしの中にある。何度でも生まれ変わる。あなたの中にある。何度でもノックする。歌い、何かが壊れ、生まれる。壊れるのと、生まれる、その間にも音はあって、そこでこそ何か良いもの同士がひそひそ話をしていたりするんだよなあ。相反するものの境界にあるもの。それはきっとわたしのすきなもの。そこに立ちたい。座ってもいいけど。声は限りない、のだろうか。きれいなものを口にしたい。あなたが笑っても、僕が歌っても、あそこの夫婦喧嘩も、別々のものだけれど、同じ地上で起こる。眠いから寝るけど、みんな幸せに眠れますように。残りのレコーディングもがんばろう。歌をビシっととって、バリっとミックスして、ビビっと音源にして、ぽふっと手渡したい。今日ももっと大切に出来ることあったんじゃないのかな。もう二度とこないんだ。この時間は、この瞬間は。全部一度きりを生きている。この瞬間は死んでも戻ってこない。何をしても二度とは帰ってこない時間。そう考えると全てが創造性に富み、弾力を増すような気がします。毎日毎日、生きているだけで。
: hryk(Vox.) : - : - : posted by f--ca
スポンサーサイト
: - : - : - : posted by スポンサードリンク
<< NEW : TOP : OLD>>